教えて!コンタクトレンズのこと!
コンタクト通販 ホームハード・ソフトコンタクトの違いは??

コンタクトレンズの【ハード】と【ソフト】では、コンタクトレンズ自体の固さの違いがあります。
ハードとソフトの特徴をまとめてみました。

【ソフトコンタクトレンズ】の特徴
「ソフト」と言われるくらいですので、柔らかく目に入れても異物感をあまり感じません。

しかし、構造上黒目全体を覆うので、酸素が角膜に供給しにくくなり、
目の健康に大きな影響があります。近年ではシリコーン素材のソフトコンタクトレンズが開発され、
ハードコンタクトレンズと同程度の酸素透過性のあるものもでています。

★長所
ハードコンタクトと比べて違和感が少なく初めての方でもすぐに慣れます。
○基本的に割れません。
○密着感があるため、運動をする方には向いています。
○カラーコンタクトなどファッション性のあるコンタクトレンズもあります。

★短所
○1日使い捨てレンズ以外のソフトコンタクトレンズは、専用の洗浄液や消毒液を使う為
お手入れが必要となります。
○付けている事を忘れることがあり、そのまま眠ってしまうと目に酸素が供給されなくなります。
○極度な視力補正はできません。
○ハードコンタクトレンズよりも若干ですが値段は高めです。

【ハードコンタクトレンズ】の特徴
こちらは、「ハード」の文字の通り、硬く異物感を感じ、慣れるまでに時間が掛かります。
個人差はありますが、慣れるまでに2週間~1ヶ月程度かかる方が多いようです。

黒目よりも小さいレンズなので、ソフトコンタクトレンズよりは目に酸素が供給されやすいです。
しかし、ゴミが入ると痛く、乾燥して外れてしまうこともあります。
スポーツをされる方(特に屋外での)には、向いていないと言えます。

★長所
○極度な視力補正に対応できる。
○長時間装用が可能。
○お手入れ時に精製水を使用するため、ソフトコンタクトレンズに比べるとコストがかかりません。
○コンタクトレンズの裏表がわからなくなるようなことがありません。
○脱着時の取り扱いが簡単です。

★短所
○装着時の違和感があり、涙が止まらない状態になります。
慣れるまでに時間が掛かります。
○割れたり、外れたりすることがソフトコンタクトレンズに比べて多いといえます。
○ずれやすいので運動をする方には向いていません。

コンタクトレンズを考えている方は、ご自身のライフスタイル(スポーツをするのか、1日何時間くらい装用するのか)などを考慮し、眼科医と相談の上、選択を行うようにしてください。